スタートサポート

新旧auひかりスタートサポートの違いを網羅

★ 他社からの乗り換えの違約金を還元してくれる

 今現在利用している光回線からauひかりに乗り換えをする場合、頭を悩ませる問題となるのが違約金です。
ジャストタイミングで解約をすれば違約金が発生することはないものの、多くの場合で違約金が発生するものです。
ちょうど今現在利用している光回線を解約してauひかりへ乗り換えができるのならよいものの、引っ越しなどが理由の場合は自分でタイミングを選択できないでしょう。
他社への乗り換えの際にネックとなる違約金の問題を解決できるのがauひかりスタートサポートです。
違約金が発生することを理由に光回線の乗り換えができなかったという方も少なくないでしょう。
auひかりスタートサポートによって気兼ねなくauひかりへの乗り換えができるものです。

★ 新旧auひかりスタートサポートの内容を比較

 旧auひかりスタートサポートは他社への乗り換えに伴う違約金が最大3万円まで還元してくれて、さらにスマホやタブレットなども乗り換えた場合の解約金も10,260円還元してくれます。
光回線はもとよりスマホやタブレットなども合わせて乗り換えることによってさらにお得度は高くなるものです。
そして新旧auひかりスタートサポートはスマホやタブレットなどに関しての内容が変更となっています。
2019年10月から契約プランの期間での縛りが禁止され、さらに解約時の違約金は最大1,000円までになりました。
旧auひかりスタートサポートのスマホやタブレットなども乗り換えた場合の解約金が最大1,000円となったことで旧auひかりスタートサポートではあまり旨みのない内容となってしまいました。
そして後継キャンペーンとして新auひかりスタートサポートが生まれ、auのスマホやタブレットなど1回線につき最大10,000円の還元する内容に変更になりました。
条件は2回線以上新規で登録をすることで該当しないという方もいるでしょう。
しかし家族で他社の光回線とスマホやタブレットなどを利用している場合はまとめて乗り換えをすれば条件は達成されます。
旧auひかりスタートサポートと比べた場合、他社の違約金2台分最大20,000円が支払われることになり、お得度は高くなっています。
もちろん一人暮らしですでにauのスマホやタブレットを利用している場合は条件を満たせないことが多くなるでしょう。
どちらの方がお得であるかは人それぞれ異なるものの、条件を満たすことが可能であるのなら視野に入れた方がよいでしょう。

★ 申し込みにあたっての注意点

 新auひかりスタートサポートに申し込むにあたっての注意点となるのが開通前に申し込みをすると無効となってしまうことです。
さらにマンションタイプの場合はプランの制約はなくともホームタイプはギガ得プランでの契約が必要となります。
そしてauのスマホやタブレットなどもスマートバリューの対象プランでないといけません。
事前にこれらの条件に該当するかどうかを考えた方がよいでしょう。
auひかりの申し込みをし、次に今現在利用する光回線を解約しましょう。
そして新auひかりスタートサポートの申請をし、申請書と光回線の他社違約金明細を郵送して最後にKDDIに到着審査後にキャッシュバックが開始されます。
段階を間違えてしまうとせっかく魅力的な特典も無駄になってしまう可能性があります。
もちろん今後もauひかりやスマホやタブレットを利用していくことが大前提となります。
もしも途中で解約をしてしまうと当然ながら新auひかりスタートサポートの特典の恩恵を受けることができなくなってしまいます。
新旧auひかりスタートサポートの違いこそあるものの、他社への乗り換えに伴う違約金が最大3万円まで還元してもらえるという点は変わらないです。
インターネットのみの契約であっても魅力的で違約金が発生する場合は特に要注目です。

<おすすめ記事>
auひかりの代理店を徹底比較(BESTランキング)
料金・速度・評判で好評のauひかりのメリットを考えてみた(高額キャッシュバックの秘密)
ネット回線満足度ランキング・顧客満足度調査で上位のauひかりの利点
マンションオーナーさんが入居者さんを増やすためにすべき〇〇のこと
auひかりと他社コラボ光との差は?【比較】vsフレッツ、vsソフトバンク
auひかりのキャッシュバックで損しない3つのワザと注意点
世界最速の光回線。超ひかり10ギガ&5ギガ(auひかり)

<おすすめのネット申込みサイトはこちら>
★ auひかり https://auhikari-net.com/

関連記事一覧