auひかりマンションタイプ

auひかりが集合住宅で未導入や未対応している場合の適切な対応

★ 未導入や未対応のままでは契約ができない

 数多くの光回線からauひかりを選択したいと思っても、自分が住んでいる集合住宅で未導入や未対応であった場合は契約ができません。
こればかりはどうにもならないと思う方もいるものの、諦める必要はありません。
auひかりにはホームタイプとマンションタイプがあります。
マンションタイプは集合住宅向けのプランであり、集合住宅に住んでいる方はこのマンションタイプを選択することになります。
未導入や未対応であった場合はホームタイプを選択する方法もないわけではありません。
auひかりに限らず光回線は電柱から住まいの建物に引き込むのが一般的で、共有部分に設置されている装置と接続してそれぞれの部屋に結ぶという形となります。
まだ対応していない集合住宅の場合は契約ができず、当然ながら勝手に設備を導入することはできません。
集合住宅の不動産管理会社や大家さんなどの許可をもらわないといけません。
何らかの理由で未導入や未対応であるからこそ、交渉をしてauひかりの設備を導入するようにしましょう。
自分の住んでいる集合住宅が未導入や未対応であるかどうかはホームページから簡単にチェックできます。
数多くの光回線からauひかりを選択したいと思っても現実的に可能であるかどうかをまずは確認した方がよいでしょう。

★ ホームタイプを選択した場合のデメリットについて

 仮にマンションタイプを選択できなかったとしても、ホームタイプを選択するという方法もあります。
しかしマンションタイプとホームタイプでは明確に月額料金に違いがあることを念頭におくべきです。
マンションタイプの場合は月額料金が3,800円であるのに対し、ホームタイプでは月額料金が4,900円~5,100円と若干高額になります。
さらにホームタイプは部屋へ直接光回線を引き込む工事を要し、3階以上の部屋の場合はホームタイプも選択できません。
ホームタイプを選択した場合のデメリットをしっかり把握したうえでの選択をするのが望ましいといえます。

★ スマホとのセット割の恩恵を受けられるかどうか

 どの光回線を選択するかの最大の注目点といえるのはスマホとのセット割の恩恵を受けられるかどうかです。
auひかりを数多くの光回線から選択するのはスマホとのセット割の恩恵を受けられることが決め手になる方もいるでしょう。
光回線と同じくスマホも今後継続して利用することが大前提であるため、今後キャリアを変えることなく利用していくのであれば、大きな魅力となるのは間違いありません。
しかし、auひかりを選択できない場合もあるからこそ、別の選択も考えていかないといけないものです。
自分が住んでいる集合住宅でauひかりを選択できないにしても、ほかにスマホとのセット割の恩恵を受けられるか光回線もあります。
スマホとのセット割の恩恵を受けられることによって、年間で10,000円以上経済的な負担が軽減される可能性もあります。
今や数多くの光回線から選択できるのが当たり前となっており、そしてスマホとのセット割の恩恵を受けられることもチェックすべき要素となります。
仮に光回線そのものの月額料金が高くとも、スマホとのセット割を合わせると総合的な経済的な負担が少なくなるという場合も少なくありません。
auひかりのホームタイプを選択した場合は月額料金が高くなるデメリットがあるものの、スマホとのセット割を受けることによってそれほど損をしない選択となるかもしれません。
まだauひかりが未導入で未対応であった場合に、工事をする許可が下りない場合もあるものです。
この場合には別の選択をすることも視野に入れつつ、交渉をしてみるのがよいでしょう。

<おすすめ記事>
auひかりの代理店を徹底比較(BESTランキング)
料金・速度・評判で好評のauひかりのメリットを考えてみた(高額キャッシュバックの秘密)
ネット回線満足度ランキング・顧客満足度調査で上位のauひかりの利点
マンションオーナーさんが入居者さんを増やすためにすべき〇〇のこと
auひかりと他社コラボ光との差は?【比較】vsフレッツ、vsソフトバンク
auひかりのキャッシュバックで損しない3つのワザと注意点
世界最速の光回線。超ひかり10ギガ&5ギガ(auひかり)

<おすすめのネット申込みサイトはこちら>
★ auひかり https://auhikari-net.com/

関連記事一覧