auひかりのホームゲートウェイと回線速度の関係について

auひかりのホームゲートウェイと回線速度の関係について

★ 回線速度が遅いのはホームゲートウェイの可能性もある

 auひかりが提供するホームゲートウェイにはさまざまな機種があります。
高速通信が可能な無線LAN機能が備わっている最新式の場合はわざわざ自分でWi-Fiルーターを用意する必要はありません。
しかし古いタイプの場合は回線速度が遅くなる理由になる可能性があります。
auひかりが無料で貸し出してくれるホームゲートウェイには料金がかからないものの、最新型の場合は月額500円の料金が発生します。
1年間利用した場合は6,000円かかるため、自分でWi-Fiルーターを購入した方がよいと考える方もいるでしょう。
しかしスマートバリューが適用されている場合は無線LAN機能のオプション料金が永年無料です。
自分が使っているスマホのキャリアがauである場合はまずスマートバリューに加入するのが望ましいといえます。

無線LAN機能が搭載されていない機器もあり、外付け無線LANルーターを用意する必要があるものです。
レンタル料金が月額500円発生し、自分で購入した方が安くなるのが注意点です。
もちろんauひかりから借りているホームゲートウェイはいずれかには返却しないといけません。

★ BL1000HWを選択するのが確実

「BL1000HW」は最新タイプで下り最大回線速度が10Gbpsに対応しており、ほかの機種の場合は下り最大回線速度が1Gbpsや100Mbspであることもあります。
回線速度自体が速くとも、肝心となるのは機種ごとのスペックが適しているかどうかです。
高速通信を楽しみたいと思っても適した通信機器を使用していないのなら意味がありません。
古いタイプのホームゲートウェイを使用している場合は「BL1000HW」に交換することを考えるべきです。
動画の視聴やオンラインゲームのプレイといった高速通信が必要であるシーンは日常生活で多くなってきているのが事実です。
あまりインターネットを利用せず、SNSの更新やメールチェック程度であれば回線速度はそれほど重要ではないものの、回線速度が速くないとストレスがたまることが多くなるのなら「BL1000HW」の存在が重要となります。
auひかりホーム 5・10ギガホームといったプランを選択しているのなら、5Gbpsや10Gbpsも回線速度が出ないということになるものです。
10Gbpsに対応した無線LANルーターを自分で購入する、あるいは10Gbpsに対応したLANケーブルで有線接続といった対応が必要になるものです。

★ 問い合わせをすれば簡単に交換できる

 ホームゲートウェイの交換は問い合わせをすれば問題なく対応できます。
交換をするにあたっては手数料が3,000円かかるということは覚えておいた方がよいでしょう。
さらに交換するためにはBL190HWやBL170HVといった古いタイプのホームゲートウェイを利用していることが条件となります。
今現在使用しているホームゲートウェイの機種をまずは確認した方がよいでしょう。
ホームゲートウェイを交換することで一気に回線速度が速くなるという場合もあります。
交換する場合の手数料である3,000円の経済的な負担はあるものの、快適にインターネットを利用するにあたって必要経費と考えるのがよいでしょう。
auひかりと既に契約し、古いタイプのホームゲートウェイを使用している場合は交換も視野に入れた方がよいでしょう。
新規で契約をする場合においても「BL1000HW」以外のホームゲートウェイが届くという場合もあるため、交換することをおすすめします。
auひかりのホームゲートウェイと回線速度は何も関係ないと考える方もいるものの、大いに関係します。
回線速度の速さを重要と思っているからこそauひかりを選択したという方もいるはずです。
しかし機器のスペックが追い付いていないのなら意味がなくなってしまいます。
回線速度の速さに拘る方にとっての注目点といえるでしょう。

関連記事一覧