auひかりの法人契約の4つの強みと注意点について

★ 個人と法人で大きな区別はない

 auひかりを利用する場合に多くの方は個人向けの契約を結ぶはずです。
しかし、なかには会社やお店の運営のためにauひかりを利用する方もいます。
個人向けの契約と法人契約では月額料金のみならず、初期費用も異なるのが注目点です。
法人向けプランの月額料金は高いと考える方もいるものの、個人向けプランでも契約ができます。
法人名義の方が経費で費用を落とせるといった特徴があるため、法人契約を結ぶのが適切な方もいるはずです。
auひかりIP電話サービスの通話料金の安さも魅力的です。
電話専用とfax専用といったビジネスの用途に応じて使うことができて、これまでの番号をそのまま利用できる番号サービスもあります。
高音質の音声サービスが全国一律3分8円で利用ができるため、ニーズにマッチしている方も少なくないはずです。
2年以上利用した場合の工事費は実質無料であり、お得に感じられる要素といえます。
他社からの乗り換えの場合は解約違約金を最大30000円還元サービスも行っており、乗り換えるのに抵抗はないでしょう。
また、auユーザーの場合はauスマートバリューも適用されます。
一台につき最大2000円割引となります。
社内携帯として利用する場合の便利であり、コストダウンにも役立つでしょう。
代理店によっては月額料金を1カ月無料にするキャンペーンもあります。
個人と法人は大きな区別はないものの、法人契約を結ぶことによるメリットはこのように多岐にわたっています。

★ 法人契約を結ぶうえでの注意点について

 auひかりと法人契約を結ぶにあたって、注意しないといけない点もあります。
まず、対応エリアは全国で70%程度であるため、接続地域であるかどうかを考慮しないといけません。
今現在は問題なくとも、今後引っ越しなどで別の地域で利用する場合のことも考えておくべきといえます。
さらに、引き込み工事も必要です。
申し込みをしてから工事を行うまでおよそ1カ月の期間を要するため、できるだけ早めに対応しておいた方がよいでしょう。
auひかりはプロバイダ料金込みでお得に利用できるものの、プロバイダは7社からしか選択ができず、特にこだわりがないのなら問題ないものの、選択をしたいプロバイダを選択できないことも頭に入れておくべきです。
電話回線数は2回線であることも覚えておかないといけません。
電話とfaxがあれば問題ないと考えるのなら気にすることはないでしょう。
社員数が数多くいる巨大な会社の場合は2回線では足りないことも頭に入れておくべきです。
内容自体は個人契約と同じでも、法人契約の方がコスト軽減できます。

★ 法人契約の方がお得な理由

 個人契約と法人契約では後者の方が解約に至ることは少ないです。
個人契約の場合はさらによいと思う事業者があった場合に気軽に乗り換えることを検討できるものの、法人契約の場合は気軽に乗り換えることを考えることはないでしょう。
もちろん、法人契約を結ぶかどうかをより慎重に判断するのは間違いありません。
auひかり側からすれば、長期的に利用することを見込める優良なユーザーとなるため、よりお得に契約ができるという点をアピールポイントとする動きが生まれます。
auひかりは個人向けサービスと変わることがなく、小さなお店や会社を経営する場合にお得な選択となるものです。
法人契約を結ぶ光回線を探す場合、auひかりを選択するメリットは大いにあります。
もちろん、先々でauユーザーであり続けるかといった点も加味した方がよいでしょう。
法人契約を結ぶということはユーザー側にメリットがあるとともに、事業者側からしても長期的に利用が見込めるというメリットがあります。

<おすすめ記事>
auひかりの代理店を徹底比較(BESTランキング)
料金・速度・評判で好評のauひかりのメリットを考えてみた(高額キャッシュバックの秘密)
ネット回線満足度ランキング・顧客満足度調査で上位のauひかりの利点
マンションオーナーさんが入居者さんを増やすためにすべき〇〇のこと
auひかりと他社コラボ光との差は?【比較】vsフレッツ、vsソフトバンク
auひかりのキャッシュバックで損しない3つのワザと注意点
世界最速の光回線。超ひかり10ギガ&5ギガ(auひかり)

<おすすめのネット申込みサイトはこちら>
★ auひかり https://auhikari-net.com/

関連記事一覧