Wi-Fiルーターは、レンタルか購入どっちがいいの?メリット、デメリットを比較してみました

自宅の無線LANルーターはレンタルしたものですか?それとも購入したものですか?
これ、迷いますよね~。
レンタルは無料で借りれる場合もありますし、選ばなくて済むので楽ですよね!
でも、レンタルは壊してしまったら怖いです。
かといって購入すると種類がたくさんあって気兼ねなく使えますが、値段が高いですし……。
あー!どっちにするのがベストなのー!
と思わず叫びたくなる気持ち、とても分かります。
私は、レンタルってなんか嫌で、購入しました。
選ぶのにも時間かかりましたし、やはり高かったです。

今回は、レンタルと購入で迷っている方のために、それぞれのメリットとデメリットをまとめていきたいと思います!

★ 無線LANルーターって何に使うの?

そもそも無線LANルーターはどのような方に必要なのでしょうか。
無線LANルーターとは「Wi-Fiルーター」とも呼ばれ、無線でインターネットを利用できる便利なアイテムです。
パソコンやスマホなど複数の端末をインターネットに接続できます。
LANケーブルで接続する有線タイプのルータもありますが、ケーブル端子を持たないスマホやタブレット、ゲーム機などを自宅のインターネット回線につなぐには、無線タイプのルータが必要です。
たまに、モデムがあるから必要ないと勘違いする人がいますが、モデムとは別で必要になります。
つまり光回線を利用するほとんどの人には、必要な機器となります。
繋げるときに機器が2台あれば正解です!
たまに、モデムと無線LANルーターが一体化されてるものもあるので、きちんと確認しましょう。

★ レンタルと購入のメリット・デメリット

○無線ルーター「レンタル」
☆メリット
・月額500円(税抜)だが、「auスマートバリュー」適用で永年無料になる
・無線LANの速度が最大2.4Gbpsになる新ホームゲートウェイ「BL1000HW」がレンタルできる(ホームタイプ)
IEEE802.11axという超高速規格を有していて、ルーターとしてもかなりハイスペック
・auひかり側の提供なので、モデムとの相性が問題ない

★デメリット
・長い目で見るとしたら料金が高い
・解約するのが面倒くさい
・借り物なので丁重に扱わなければならない

〈何が借りれるの?〉
・新ホームゲートウェイ「BL1000HW」

新ホームゲートウェイ「BL1000HW」

新ホームゲートウェイ「BL1000HW」

対応サービス 概要 月額料金
ホームゲートウェイ内蔵
無線LAN親機機能
無線LANの速度が最大2.4Gbpsの「Draft IEEE802.11ax」に対応。 500円 (「auスマートバリュー」適用で永年無料)

提供対象:auひかりホーム

※本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の概ねの最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。ホームゲートウェイ内蔵の無線LANご利用(有料)時の通信速度は最大2.4Gbps(Draft IEEE802.11ax)または1.7Gbps(IEEE802.11ac)です。接続先までの通信速度は機器の能力に依存します。
<推奨パソコンスペック>●LANポート10GBASE-T以上 ●LANケーブルカテゴリ6a以上 ★2:4GLTEタブレットで「LTEタブレット定額for Tab/tab(1)」加入の場合、対象外です。●auスマートバリュー適用後の翌月から割引を開始します。適用条件を満たしていない月は割引されません。●適用期間中に解約された場合もしくは指定の料金プラン等が廃止された場合に解約月をもって本割引の適用は終了となります。

 

○無線ルーター「購入」
☆メリット
・数多ある無線LANルーターの中から選べる
・契約がないので楽に買える
・長年使える

★デメリット
・値段が1万円前後する
・モデムとの相性が悪い可能性がある
・使えるかどうか確認しながら、たくさんある中で選ばなければいけない

〈どこで買えるの?〉
・家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機など)
・通販サイト(楽天、amazonなど)
・ショッピングモール(イオン、イトーヨーカドーなど)

例えば……
・BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-3200AX4S/NBK¥10,966(amazon)

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-3200AX4S/NBK¥10,966(amazon)

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-3200AX4S/NBK¥10,966(amazon)

【スピードアップで快適なWi-Fi 6】5GHz最大速度はWi-Fi 5 の約1.4倍高速(理論値) 最新規格IEEE 802.11ax対応
【4本アンテナが色々な向きや角度の端末を広くカバー】4×4アンテナ&高効率なアンテナ設計により戸建3階、マンション4LDKの広さでも電波が届く
【家族のネットワークを守る】外部からの不正な遠隔操作や、個人情報流出を防ぐネット脅威ブロッカーベーシック機能搭載。
【動作環境】iPhone12メーカー動作確認済み 対応OS Windows8.1/10、OSX 10.10以降、Android4.4以降、iOS10以降
【主な付属品】スタンド、ACアダプター、LANケーブル(0.5m)、取扱説明書(保証書)
【外形寸法(幅×高さ×奥行)】37.5×160×160mm ※付属品および突起物を除く

安いものだと3千台、高いものだと3万円近くなります。
同じものでも店やサイトによって変わってくるので、しっかりチェックしてから買うことをおすすめします!

★ まとめ

レンタルするか、購入するか、皆さんはどちらのほうがいいですか?
正直、レンタルのほうがいいとも購入したほうがいいとも一概には言えません。
長く使うには購入するのがおすすめですし、自分で探したりするのが苦手な方はレンタルしてしまったほうが楽だと思います。
迷った方は、auひかりのスタッフに相談したり、とりあえず自分で色々見ておくのもいいかもしれないですね!

自分に合った無線LANルーターを入手して、自宅を快適なWi-Fi空間にしましょう!

<おすすめ記事>
auひかりの代理店を徹底比較(BESTランキング)
料金・速度・評判で好評のauひかりのメリットを考えてみた(高額キャッシュバックの秘密)
ネット回線満足度ランキング・顧客満足度調査で上位のauひかりの利点
マンションオーナーさんが入居者さんを増やすためにすべき〇〇のこと
auひかりと他社コラボ光との差は?【比較】vsフレッツ、vsソフトバンク
auひかりのキャッシュバックで損しない3つのワザと注意点
世界最速の光回線。超ひかり10ギガ&5ギガ(auひかり)

<おすすめのネット申込みサイトはこちら>
★ auひかり https://auhikari-net.com/

関連記事一覧